マヌカハニーのメチルグリオキサールとは?MGOについて

マヌカハニーのメチルグリオキサールMGOとはいったいなに?

元を辿るとすれば、マヌカハニーにひとつひとつ抗菌活性を見いだすことができた、ワイカト大学のピーター・モランレクチャーは、ハチミツの抗菌強弱をその他大勢の消毒剤という事を示すフェノールと比較する事によって、非過酸化物抗菌活性を計測する見立て法を開発しておりました。すごくないですか?!

UMFの不完全な分析方法をいち早く疑ったのです。

これに関してはマヌカハニーを調査する指標となったのですが、確実性をもたらしたいと思い、研究が始まりました。

ある程度経過した頃、2006時代にドレスデン工科の大学でキャンパスの食物科学研究所所長、トーマス・ヘンレ教授という方の分析班(マヌカ解析チーム)は、マヌカの中に自然に生みだされるメチルグリオキザール(MGO)というものが、マヌカハニーの抗菌特殊性で存在感を発揮するこれ以上ないマテリアルだということを示す真実を発見し、発表しました。
今の世の中、マヌカハニーの抗菌活性をミスすることなく定量化する滅多にお目にかかれないやり口は、活性ある品物だということです。

メチルグリオキサールの出来上がり具合を測定するのは「ロバスト検定」という検定方法だと二人の指導教授は相関関係を持ちながら論評を掲載しています。

メチルグリオキサールカウント法に関しましては、マヌカハニー内側にあるMGOメチルグリオキザール含有量を間違うことなく定量化する対策をしてます。

生まれながらにして生成される含有物のメチルグリオキザールがニュ-ジーランド産のマヌカハニー中のメインのる抗菌成分と言うことを、2006年の発見した資料を基に役立たせているわけです 。

メチルグリオキザール濃い薄い特殊なMGOの成分の観測記録は精度の高いオートメーション化スタートしたHPLCリサーチ法が影響を及ぼしてスタートします。

メチルグリオキザールの濃さは数多い科学文献で、最も合成抗菌物質かつ抗腫瘍剤を相手とした誕生した時からバリエーション物質を探査討議をおこなう人たちによって引用、または考えられています。
マヌカハニーに役に立つメチルグリオキザールに基づいた証明メカニクスは、この導入以降初めてどの人も色々と採択されてきております。

マヌカハニーをメチルグリオキサールブレンド量に関連して証明頂いた濃度で売りこむポピュラーでない組合は、全部ひっくるめた大切な取扱い品目数の微生物例外なく全てがを殺すに絶対必要などんなに酷くてもブレンド量である100 mg/kgより潤沢な濃さのグッズを売っています。

MGO表記なしのビッグサイズの販売品は自らを律した栄養成分レッテルされているのだろうかも知れません。
必要条件を満たしたと言われるような商品化関するメチルグリオキザール実験成績に繋がりますが、抗菌活性効果に該当するを象徴する濃さに見舞われるとだいぶ距離がある10 ~ 25 mg/kgの濃い薄い限度内である事例が呼ばれています。

マヌカハニーの最も目立つアピールポイントはMGOを摂り込んでいる大切な点になります。
MGOが1kgぐらい100mgオーバーコート一緒になっていないということは、マヌカハニーの形での効果が得られません。

ピーター・モラン教授、トーマス・ヘンレ教授は、マヌカハニー間においてはMGOばっかり一緒になっていない生産物も見受けられるということを念頭に置いて、再優先でMGOの混ぜ合わせ量を調査してから商品確保が大切な事ではないかと契約者に誇張していらっしゃいます。

マヌカハニーのMGOっていうものは何なんでしょうか?

MGOと言われているのは、マヌカハニーの抗菌原料品「メチルグリオキサール Methyglyoxal」のブレンド量を数値化しちゃったと考えます。MGOと言っているのはその「Methyglyoxal」によって3キーワードを「MethyGlyOxal」なんて感じに拾得したと思います。目にしたという意味はドイツのトーマス・ヘンレ教示といった方ということを示します。

MGOと称されているのは一般的に言ってMGO100またはMGO200、MGO400と思われる書かれ方をしていまして、この現象はマヌカハニー1キロの中に於きましては、抗菌原料の「メチルグリオキサール」が何ミリグラム備わっているかを指し示しているという特徴が付きまといます。

要するにMGO100にとってはMGO400の方が抗菌成果は強烈ということですね。

余談ですがこのMGOはニュージーランドのマヌカハニー製造者「Manuka Health New Zealand」のエントリー商標名なんだそうです。

マヌカハニーのUMFという意味はなんだろう

MGOに関しては「マヌカハニー1キロ数の中において抗菌成分が何ミリグラム入っているのか」というわけですきわめて分かりやすかったでしょうね。
ここらでUMFというのは?については、顔に青筋を浮かせて覚え込みにくくなったのです。

UMFはNZのワイカト大学のピーター・モラン博士が発見したマヌカハニー専門にカテゴリー化される特異な抗菌効き目を数量化した商品で、ユニーク・マヌカ・ファクター(Unique Manuka Factor)を省略したものです。

UMFは5+、10+、16+、20+、25+とされる執筆の仕方をしてくれます。

何が目的でそういうふうな執筆の仕方を行うのだろうかと申しますのは、UMFはMGOのと同様のマヌカハニーに何ミリグラムの抗菌根底を保有しているという見積もり価格方ではなく、マヌカハニーが「清浄剤・消毒剤なのですフェノール溶液というのは、何%とマヌカの抗菌原料が取り込まれているか?」を統計化しただろうと感じます。

マヌカハニーのMGO、UMF、NPA、TAを取り調べ
諸々の事実を書いて来たのですが、ひとりひとりどのような結果が出るのかがまるで分からない・・であるという面もありますよね。「異なる効果の異なる部分は何?」と考えた方が原因で、リサーチしてみることにしました。

そういうわけでMGO、UMF、NPA、TAの相違する部分をひと目で分かりやすくしました。

非常に「TA」はそれ以外の3つとまったく異なる人々の人気通常を配しているため、比較してみるといったらいいのかが出来ないでしょう。「マヌカハニーの抗菌効果」を現実に趣味に合っているくらいなら、個人的観点で言えばTA書かれてるマヌカハニーは問題です。

さてさて、MGOとUMFとか、NPAを対比させたいといった場合どういうやり方をすれば良いわけですかね。
回想して持ち物はUMFとNPAは変わらない市場価値だから「UMF=NPA」でしょう。

早急にUMFとNPAに基づいてMGOでお幾つ程度なのかな?調べることをお薦めします。

UMF 5+ / NPA 5+ … MGO83からMGO260
UMF 10+ / NPA 10+ … MGO 261からMGO353
UMF 12+ / NPA 12+ … MGO 354からMGO511
UMF 15+ / NPA 15+ … MGO512からMGO691
UMF 18+ / NPA 18+ … MGO692からMGO 822
UMF 20+ / NPA 20+ … MGO 823以上
MGO 30+ … UMF/NPA換算できません
MGO 100+ … UMF/NPA 5からUMF/NPA 8まで
MGO 200+ … UMF/NPA 8からUMF/NPA12まで
MGO 400+ …UMF/NPA 12からUMF/NPA 15まで
MGO 550+ …UMF/NPA 15以上

このようになっているそうです。
参考にしてみてくださいね^^

MGOが記載されているのはどれ?


マヌカハニーは MGO を出来上がってない事には聞いてましたか私は理解していませんとなっていました umf に的を絞って閲覧し評価していたそうですごくショックを受けたのを印象に残っています。

MGO については少し前にも喋ったようにマヌカハニーの中に加盟中のマイナーな成分のメチルグリオキサールの世間に配布量が失敗することなく乗っています。

umf と一緒にどのくらいの高水準のかという効果の次元を表示しているものの MGO がやってくれば元凶の量が開示中なので、 MGO を手にした方が正真正銘のスピーディなマヌカに出会えると思われます。

さて話は変わって、 MGO がされているマヌカハニーって一体どんなのが存在するのでしょうか調べることをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です