マヌカハニーの歯周病対策に良いって本当?

マヌカハニーの歯周病対策に良いという噂があります。

歯周病は気づかずに悪化する

成年者が歯を失くす要素のNo1は、歯周病です。でも、「歯周病と言いますのはどのような疾病なのか」とあらためて尋ねられると、いまいち対策法がわからない人が多いかも知れません。

歯周病とは、歯ぐきに炎症が引き起こされる疾病のひとくくりにした名称です。歯ぐきをもうちょっと細部にわたりチェックすると、表層が覆われる歯肉、その奥の歯根膜があります。そして、さらに奥の歯槽骨、セメント質で成り立っています。炎症がカモフラージュの歯肉だけに制限されているケースでは「歯肉炎」、歯槽骨なぞにまで蔓延してしまうと「歯周炎」と呼称されております

以前までは「歯槽膿漏」という単語がよく使用されていましたが、これは歯周病でもトラブルが重くなった現実を言います。血液や膿が発症する、口臭が伴う、歯がバランスが崩れるなどの悪い部分が生じて、気にしないでいれば歯が欠落してしまうこともあると聞きます。

だけども、歯周病が軽視される場合が多いのも現在の状態なのです。その理由は、初期段階の歯肉炎の時点では、痛さもなしに、ほとんど自分で気付く症状が一切無いままひそかに重症化するからです。気づいた時には相当異常を来たしている事例が結構あるので、歯周病は「静かな病気」(サイレント・ディジーズ)であるともよばれています。

そのような特殊性も影響をもたらしてか、想像以上のデータベースがつきまといます。厚生労働省が周期的に見せつけられるここ数年の「歯科疾患実態測定」においては、35歳を上回る大量の大人の約8割が歯周病を保有しているわけです。
歯周病のコワさは、歯を失くすというだけではないかと思われます。口は生活していく上でどうしても必要なお食事のドアな場合と同時に、バイ菌のエントランスとも言えます。歯周病を静観していますと、気付かぬうちにさまざまな病気の原因になることが、国内外の研究で明らかになってきたのです。糖尿病をはじめ、脳血管障害、心臓病・動脈硬化、肺炎、メタボリック症候群……。歯周病は全身の病気と関係している。歯周病のリアルなコワさはそのあたりにあります。次の機会から、そのような疾患と歯周病の関連につきまして、見ていくことが重要だと思います。

歯周病と糖尿病、何の関係があるの?

歯周病と糖尿病。類似している点いうものは、両方とも大勢の人を悩ませている病気ということくらいで、何の関係もなさそうに思えます。
だけれど、この2つの疾患には濃密な関わりがあることが判明してきたのです。意外ともっとも早くアナウンスされたのは1990年頃。アメリカ風の先住民ピマ・インディアンをターゲットにした膨大なリサーチ・究明によるものでした。報告書によれば、糖尿病の人はそうでない人に比べて、歯周病の発症率が2.6倍も高かったのです。
そのあとも歯周病と糖尿病の結びつきに当てはまる究明成果がいろんな国で発表され、今では歯周病が糖尿病を深刻化させる原因の一つである危険度が、とてもとても高確率のと噂されています。

歯周病がインスリンの邪魔をする

糖尿病は血糖値の高いペースが長引いたデータ、体の内側のほぼ全部の内臓にダメージが発生する疾病だと思います。Ⅰ型とⅡ型の2分類があり、日本中の成人糖尿病患者の9割決意した以上をⅡ型糖尿病と言われています。これは、すい臓がつくるインスリンの量が多くないか、インスリンの関係しが悪い、あるいはいずれの起因がセットにされてあらわれてきます。
だけでは、どういうわけで歯周病と糖尿病が関連するのでしょうか。キーになってくるのは、恐ろしい歯周病に見舞われた他の人の血中に増加する「炎症性サイトカイン」という物質です。歯肉の炎症が続いて歯周病が悪化し、血液の中のサイトカイン量が増えると、血糖値を下げようとするインスリンの働きを邪魔し、糖尿病を崩してしまうと思われています。(詳しくは『歯みがき100年物語』をご覧ください)
裏を返せば、歯周病を治療することが糖尿病によい影響を与える可能性も考えられます。もちろん、歯周病を治せば糖尿病も治るというわけではありませんが、歯周病の治療とケアを怠らなければ糖尿病の悪化を防げるかもしれません。糖尿病に傷ついている方は、1度、歯周病をテストしてみてはいかがでしょうか。

 

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。

  • ブラッシング時に出血する。

  • 口臭が気になる。

  • 歯肉がむずがゆい、痛い。

  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)

  • かたい物が噛みにくい。

  • 歯が長くなったような気がする。

  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

※上記の項目3つあてはまる

油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。

※上記の項目6つあてはまる

歯周病が進行している可能性があります。

※上記の項目全てあてはまる

歯周病の症状がかなり進んでいます。

などのことにチェックが当てはまる場合は、注意が必要になってきます。

気をつけてチェックしてみましょう。

歯周病や口腔ケアをするならマヌカハニーがオススメ!

大活躍するのが口の中を潤す保湿剤です。

いろいろな風味や味のものがありますが、今回は保湿剤として使える蜂蜜をご紹介しましょう。

菌の殺菌効果があると話題になったマヌカハニーです。

まず、蜂蜜と聞くと甘いから虫歯になってしまうのでは。

という質問も出てきそうではあると思いますが、マヌカハニーには虫歯や歯周病になる細菌を殺したり口の中の炎症を抑えたりする働きがあるぴったりですね。

口腔ケアをするので蜂蜜の甘さを味わえるので喜んで口腔ケアができますよね。

ケアが終わったらティースプーンに半分くらいを口に含んでもらい、口の中に広げてもらいましょう。

保湿効果はもちろん殺菌効果と抗炎症作用で虫歯歯周病口内炎の予防にもなると言われています。

そう考えると口腔ケアも楽しみになりますよね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です