マヌカハニーのUMFやMGOについて

マヌカハニーのMGOについて

どの食品にも類を見ないマヌカハニーだけが持ち得る自然の恵み世界中がこの特殊なハニーの需要効果の研究に乗り出しましたそしてこのハチミツ特有の抗菌物質が胃腸の働きを促進してだ後中に貢献する因子であることが明らかになりました。

マヌカハニーの人気はドイツはドレスデン大学の教授率いる研究チームによって解明されました2008年1月に発表された分子栄養と食品研究に関わる学術一 molecular Nutrition & Food RESEARCH Journal でヘレン教授は植物メチルグリオキサールが強力な抗菌作用をもたらす物質であることを実証しました。

メチルグリオキサールという物質がマヌカハニーの文字が参加聖書だけでは考えられない優れた抗菌作用を全面的になっていることを示しています。

他の抗酸化物質例えばポリフェノールなどの相乗効果もありますが、現時点においてはメチルグリオキサールなしではこれほどの抗菌作用は期待できません。

ドレスデン研究チームはマヌカハニーには大量のメチルグリオキサールが含有されていることを確認しました。

この表で示されるようにマヌカハニーのメチルグリオキサール含有量が1 kg 中に10 MG から800 MG と測定された一方ヨーロッパの45種類の蜂蜜では0から10 MG と、ほとんどの食品では1 kg 中5 MG 以下で最も大量に含むコーヒーやココアでも40 MG 以下に過ぎません。

エレン教授は発見された抗菌物質メチルグリオキサールの含有量測定すればマヌカハニーの抗菌作用を適切に示すことができるとおっしゃっていますが、

我々の研究からメチルグリオキサールの量とハニーの抗菌作用は直接的な相関関係にあることがわかりました。

この科学的な裏付けから猿の含有量はそのまま抗菌作用の測定に利用することができると考えました。

へレン教授はさらに抗菌作用をもたらしために必要な MGO 濃度メチルグリオキサールノートを示されていますが現段階においては抗菌作用を発生させるためには1 kg 900 MG のメチルグリオキサールノートで十分だといえます。

最近によって数値の変動はあるでしょうが大腸菌と黄色ブドウ球菌を抑制するために必要な最低必要濃度は1 kg 100 MG です。

マヌカハニーのメチルグリオキサール含有量を測定するシステムの開発したマヌカヘルス社は MGO マヌカハニーという独自の商品を開発しました。

この商品はお客様に正確なマヌカハニーの家作り置きしてある含有量をお伝えいたします 。

MGO 400という少女のはマヌカハニー1 kg 中に400 MG のメチルグリオキサールが含まれていることを示しているのです。

ドレスデン大学の研究で開発された分析方法に従いマヌカヘルス社の M Gone は認定を受けていますマヌカヘルス社のマヌカハニーは初めマヌカハニー関連の健康食品はお客様のご要望に応じてメチルグリオキサールノートを選択していただきます。

マヌカハニーのUMFやMGOは、認定を受けています。

マヌカヘルス社のマヌカハニーは初めマヌカハニー関連の健康食品はお客様のご要望に応じてメチルグリオキサールノートを選択していただくの連帯 健康機能食品を開発し人々の健康食品を全面的にバックアップしたいと考えているそうです。

マヌカハニーは一般的な健康食品の枠を超え科学的根拠に基づく健康増進機能を備えた希少な食品だといえます。

健康食品の認定には科学的な裏付けが要求されますが抗菌作用を持つメチルグリオキサールに関する我々の研究データはマヌカハニーが10機能食品としての基準を十分に満たしていることを科学的に立証しています。

マヌカハニーは医療の現場でも活躍しています例えば大焼酎効果を利用した軟膏などの薬製品が開発されています。

例えば、マヌカヘルス社はマヌカハニーの特性を健康食品へとを結ぶ先導者です。

ニュージーランドの安い宿の予約し製品がに満たしていることを科学的に立証しています。

マヌカハニーは医療の現場でも活躍しています。

例えば大焼酎効果を利用した軟膏などの予約商品が開発されています。

マヌカヘルス社はマヌカハニーの特性を健康食品へと結ぶ先導者です。

ニュージーランドの野生植物が生み出す自然健康食品は世界中の人々の健康維持に貢献しています。

マヌカヘルス社は自然の恵みと最先端の科学を融合させた MGO のマヌカハニー製品を世界へということで自然の恵みが科学によって証明されたのです。